宇宙のような広大なネットの片隅で遠吠えでもしようか

日々起こる出来事に喜怒哀楽、その想いを書きなぐるブログ。

 

やっと復旧


先日の台風はすごかったものの、私の家は被害なく通り過ぎ、よかったと思っていた
が、その日の夜突然テレビが消え、ネットが繋がらなくなった
さらに家の電話もつうじなくなっていることがわかる
これらに共通するのは同じ契約してる会社のものであることから、インフラになんらかの障害が起こったことが予想された
とはいえ、台風のピークがすぎて6時間後に???
困惑しつつ、早速携帯電話で問い合わせてみる
通常込み合っていれば、繋がるまで待たされることが普通
ただ夜なので、応答時間外ということで○時~って案内が流れるのが普通
しかし流れたのは台風の影響で殺到してるから後ほど電話くださいとメッセージが流れ切れる状態
問い合わせが殺到し、制限していると思っていた




翌日も何度かかけるも状況は同じ、テレビ、ネット、電話の不通状態は変わらず、復旧はいつするのかが全くわからず参った
せめてネットが通じれば、サイトに行って状況を確認できるのにそれができないので、こちらは状況がわからない状態
それがわかるだけでも精神的に楽なんだけど・・・・
近隣では停電しているところもあり、そちらのほうが私以上に精神的にだけでなく、日常生活ができない状態は大変だろうと思う

台風の翌日は交通インフラが完全に作動していないこともあって、朝から一般道は大渋滞
ここまで渋滞する?ってくらい全く進まない。夜になると随分マシになったが・・・
近所でも被害が出ているところがあることがわかる
風に耐え切れず目隠しフェンスがしたのブロックが崩れ倒れていたり、家の壁が前面剥がれる
トタンや波板が吹き飛んでいる(これのせいで電線にひっかかり停電させている)
信号も向きがおかしくなっているところも多い
台風が過ぎているにも関わらずサイレンの音が通常よりよく鳴っていたな
それは救急車なのか、パトカーなのか、消防車なのかはわかりませんが

台風が起きて二日後、相変わらずネットテレビ電話が不通
一部停電が起きているところはありつつも、大半は日常を取り戻していってる雰囲気
近所にも私の家のような状況になっていることがわかり、家だけの問題ではなく、通信インフラになんらかの障害がありそれが復旧しない限りこの状況は変わらないことがわかり、長期戦が予想された
問い合わせ電話は相変わらずの状況。
こなると契約先を変えるほうが早いのではってなった
結論は出ないまま夜を迎える

状況は変わらないかとまた問い合わせの電話をするとメッセージが変わっていた
営業時間外なので○時~って通常のメッセージ
つまり明日には問い合わせができ、状況を確認、復旧の目処が立つ
はやければ今週末には復旧するかもと確信

すると問い合わせて一時間後くらいでテレビが映るようになったらしい
帰宅後それを聞き、電話やネットが復旧していることを確認
元通りになった。

この経験で思ったのは先が見えない状況って精神的にくるなあと
被災された方々のストレスは相当なものだろうなと
今思うのは、私の被害なんて、テレビ、ネット、電話が不通なだけでたいしたことはない
しかしこれまで普通にできたことができなくなる不便さ、それがいつ戻るかわからないのはストレスが溜まるかな
一方でそれがなくても日常生活への影響はそれほど大きくないこと
テレビやネットの使い方は人それぞれだろうけど、個人的に思ったのはそれらは暇潰しのツールであって日常生活ができなくなるものではないということ
まあニュース系の情報が入らないので、復旧後浦島状態に近かったな
北海道で地震があったくらいはしっていたが、具体的な状況などは全く知らなかった
地味に不便だったのは天気情報が取れないこと
私はテレビのdボタンの天気情報や災害、警報情報をよく収集しており、かなり活用していたことを理解した
ここまで書いていて違和感ありませんでしたか?
情報収集にネットやテレビ以外にもあるだろうと、ラジオは聴いていたけどニュースのボリュームは小さい(NHKなどを聴けばもっと知れたかもしれないと今にして思う)
もっと身近に情報を取れるツールがあるのにそちらには全く関心が向かなかった
というのもそれを読む習慣がなくなっていたからだ
それは新聞だ
デーモン閣下の以下の記事を読んで、傍と気がついた

デーモン閣下 - 「ちょい読み」インタビュー。

一方でう~んと思う部分もあるけどね
新聞はテレビやネットに比べ情報の即時性に劣るし、ネットも問題点の指摘はある面正しいが、それも使い方(検索の仕方)次第でより情報を掘り下げられるので、新聞の価値は能動的に情報を収集するネットに比べ、いろんな情報が並べられているため思わぬ発見があることくらい
でもこれもいろんなネットサイトを巡っていれば、そのサイトが取り上げてることで知ることとそれほど差がないように思える
テレビ欄も見なくてもテレビで番組表を見れる、それも一週間分も、ものによっては検索で番組をピックアップすることも可能
そうなると新聞の必要性って本当にないなと、一方で災害に巻き込まれテレビやネットのツールがなくなれば必要は出てくるかもしれないが・・・・

個人的にはこちらの閣下の意見のほうが賛同するね↓

https://twitter.com/nekonosenaka/status/1037897213869867008


新聞が革命の口火を切る、という自負がジャーナリストにはあるのだろうが、扇動してはいけない
一番大事なのは信頼性である
知りたいことが、分かりやすく、間違いなくかいてあること

一部抜粋したものだがこれは正しい、今の日本のマスメディアはこれを守れているのかと
民主党政権誕生はまさに扇動した結果だったし、慰安婦報道は間違っていたし、信頼はできないよね
今のマスメディアの情報は本当に正しいのかチェックしないといけない(メディアリテラシー的には当たり前なんだけどね)

閣下自身週刊誌、雑誌、スポーツ新聞でいい加減なことを書かれる事が多数
インタビューさえされていないのに、答えたかのようなきじがあったりね
その点まだ新聞は信用されてるようだけど、それが朝日新聞だというのが皮肉な話w
関連記事
スポンサーサイト
Comments

Body

無料アンケートブログパーツqtown
プロフィール

fukurounome

Author:fukurounome
日々起こる出来事に喜怒哀楽、その想いを書きなぐるブログ。
後は、聖飢魔IIとその後彼らを追いかけてます。
思想信条に基き、主観的にいろいろ書いてます。
所詮思い込みの戯言なので、真に受けることなく、そういう意見もあるんだくらいのスタンスで読んでいただく事を推奨

コメントとトラックバックについて

返信するもしないも、削除するもしないも私の独断なので、人によっては不愉快になる可能性もあるのでご注意を
すでに何度か書いてますが、コメントではリンク貼るとはじかれますのでご注意を
URL欄を活用していただくなどして下さい。


無断転載もご遠慮ください

QRコード
QR

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11