宇宙のような広大なネットの片隅で遠吠えでもしようか

日々起こる出来事に喜怒哀楽、その想いを書きなぐるブログ。

 

宮本から君へ

すごく泥臭い話
ある意味リアル
昭和感溢れる営業の話






お洒落感の何もないw
日本の営業単純な見積もり内容だけでは決まらない
日頃の付き合いだったり、コネ、柵など複雑に絡んでくる
認められるために何度もへえこら頭を下げる
接待だってする
仕事を取るために必死に頑張る営業マン
馬鹿で真っ直ぐなだけの宮本
必死な彼は疎まれ、鼻つまみ者になったりする
それでも喰らいつく宮本に徐々に巻き込まれていく
でも七転び八起き、上手いこといかないことのほうが多い
それでもがんばる
熱いドラマ
でも今の時代受けるのかな?
こういうドラマも今の日本だからこそ受けて欲しいと思う
何でもかんでも、定時でストレスのない会社だけが価値があり、そうでないものはブラックというレッテル
本当にそうだろうか?
仕事にやりがいがあるかの方がよほど大切なことではないか?
やりがいのないホワイト(そうじゃないホワイトもあるけど)は時間が拘束されるただの奴隷とはいいすぎだが、働くことの価値を見出す基準は一つじゃないよって
そんなことを思わせる暑苦しいドラマだ

関連記事
スポンサーサイト
Comments

Body

無料アンケートブログパーツqtown
プロフィール

fukurounome

Author:fukurounome
日々起こる出来事に喜怒哀楽、その想いを書きなぐるブログ。
後は、聖飢魔IIとその後彼らを追いかけてます。
思想信条に基き、主観的にいろいろ書いてます。
所詮思い込みの戯言なので、真に受けることなく、そういう意見もあるんだくらいのスタンスで読んでいただく事を推奨

コメントとトラックバックについて

返信するもしないも、削除するもしないも私の独断なので、人によっては不愉快になる可能性もあるのでご注意を
すでに何度か書いてますが、コメントではリンク貼るとはじかれますのでご注意を
URL欄を活用していただくなどして下さい。


無断転載もご遠慮ください

QRコード
QR

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11